うぇるねすの事業のこと

管理員代行サービスは急拡大し、DX分野はまさに新展開です。

管理員代行サービスは、スタッフ1万人を目指して代行から請負へと広げながら、
私たちは、うぇるねすの思いを世の中に浸透していきます。
この実現を加速するために、eラーニングによる教育研修事業を強化し、
自社システムから誕生した業界初のアプリ『Dマネ』の販売をスタートしました。

この事業は面白い。そして、意義深いのです。

この『マンションを丸ごと元気にする』という、うぇるねすの事業はほんとうに素晴らしいと確信しています。というのもまず、高齢化とマンション老朽化が確実に進み、積立金が減少する中で、管理会社の中からやがて撤退が始まると予想されます。
すると、マンション管理がおろそかになり、街がスラム化していく恐れがあります。つまり、大切なことは、そうなる前に、居住者の皆さんが明るく楽しく元気になるマンション管理とは何かを考えていくことであり、私たちうぇるねすのサービスの中にこそその答えがあるのです。

道具、姿勢、そして笑顔。プロの仕事が満足を生み出します。

そして、このサービスを支えているのがマンションサポーターの皆さんです。
強みの一つは、そのプロ性です。お掃除の姿を見て、『モップが生きているようですね』と感心されます。隙がないのです。
そして、もう一つがコミュニケーション力です。プロが発する挨拶や言葉にはやさしさと力があり、そこに笑顔が加わればまさにパーフェクトです。その結果、居住者から挨拶されるようになり、子どもたちの声も上がって、お年寄りからお菓子もいただく…マンション全体が明るくなって、満足が広がっていくのです。それは、皆さんへの最大のプレゼントとなるでしょう。

成長率120%、webアプリ『Dマネ』でさらに前進していきます。

さて、そのような成果を背景に、私たちは管理員サービスを代行から請負にまで広げて、より価値のあるサービスへと進化させます。
また、2010年以来当社が磨いてきた独自のシステムをベースに、webアプリ『Dマネ』を開発、管理会社にも最強の管理サポートツールを提供できるようになりました。それによって、管理員が現場から発信するあらゆる情報が関係者にもれなく届いて、業務の生産性を劇的に高めることでしょう。
こうして管理員はいよいよマンション管理の主役になって行く。うぇるねすの次代へ挑戦はもう始まっています。